タイトルマーク

2016 めし碗グランプリ展 受賞結果

【総評】

今回の応募作品を見渡し、全面的に技法・加飾で表現するのではなく、食事の際、めし碗は一歩二歩後ろに下がって主菜を引き立てる「用」に重きがある様に、日本人らしい奥ゆかしさを感じられる表現方法が多いようでした。

全国から多彩な作品を出展していただき、波佐見焼の知名度の向上を目的としたこのグランプリ展も「よくここまで広がったなぁ」と改めて感じさせられました。

      

グランプリ大賞

GRAND PRIX

 

染付彫 茶碗

國枝 明子

千葉県市川市

 

全審査員の票が入り満場一致で決定しました。

四季を表現した4つのお茶碗は、見込みの呉須の絵付けと、外側の彫での表現方法という違った技術の使い分けと、デザイン性・技術力の高い作品です。

(工藤 良健 評)

写真
      

磁器部門優秀賞

PORCELAIN SECTION HIGHT AWARD

 

弦 - 流れ星

盧眞珠

佐賀県嬉野市

 

線と金の使い方、色使いが丁寧でよく考えられており、デザイン性の高い作品です。

(工藤 良健 評)

写真
      

陶器部門優秀賞

CERAMICS SECTION HIGHT AWARD

 

魚紋 いっちん マカイ

神谷 理加子

沖縄県南城市

 

魚の躍動感、釉薬の色とイッチンの白い色、呉須の青と配色が素晴らしい。

イッチンの技術力高い。

(工藤 良健 評)

写真
      

テーマ部門優秀賞(カップ)

THEME SECTION HIGHT AWARD

 

マグカップ

橋本 大輔

大阪府豊能郡

 

取手の大きさが一見、大きすぎるように感じるが、手に取ると持ちやすく軽く機能がしっかりしている。

カップの表面の可愛い絵とのバランスも絶妙です。

(工藤 良健 評)

写真
      

工藤 良建 審査員長特別賞

JUDGE'S SPECIAL AWARD

 

天目釉飯碗

山口 龍伯

神奈川県川崎市

 

深い緑色の釉薬の表現で、落ち着きのある作品。

微妙な口のゆがみも味があり、憎らしい作品。

(工藤 良建 評)

写真
      

中島 誠之助 審査員特別賞

JUDGE'S SPECIAL AWARD

 

重ね色 ペア

山田 圭一郎

長崎県波佐見町

 

一目見てこれを選ぼうと決めていた作品。

見込み細かい点描があり立体的に見え絵画的効果があり素晴らしい。

(中島 誠之助 評)

写真
      

浅井 悦子 審査員特別賞

JUDGE'S SPECIAL AWARD

 

雲の練り込みわん

日髙 裕子

石川県金沢市

 

今の時代が感じられる作品。土の色、色化粧が「ほっ」とさせられる。

手触りもつるつるしていて良く、温かさが感じられる作品。

(浅井 悦子 評)

写真
      

田中 ゆかり 審査員特別賞

JUDGE'S SPECIAL AWARD

 

淡彩泥夫婦茶碗

宇佐美 誠治

栃木県宇都宮市

 

形が美しく、今のキッチンに似合う繊細でおしゃれ。

2種類の淡い色彩で、小ぶりの可愛らしい作品。

(田中 ゆかり 評)

写真
      

宇野 陽子 審査員特別賞

JUDGE'S SPECIAL AWARD

 

monochrome

足立 喜子

岐阜県各務原市

 

とても美しい作品。2種の生地を使い分けモダンな作品。

この器なら、いろいろなテーブルコーディネートが出来そうです。

(宇野 陽子 評)

写真
      

株式会社 やまやコミュニケーションズ スポンサー賞

YAMAYA SPONSOR AWARD

 

満腹めし碗

朝倉 潔

千葉県若葉区

 

フグの表現がリアルで、その表現力は作者の技量の高さが感じられる。

白いごはんをたっぷりおいしく食べられそうな茶碗です。

(工藤 良建 評)

写真
      

JA全農ながさき スポンサー賞

JA NAGASAKI SPONSOR AWARD

 

白描山水

近藤 あかね

京都府京都市

 

ちょっと個性的な絵を、しっかりとしたデザイン力と線で表現してあり、面白い新しい世代の呉須絵付の到来を感じられる作品。

(工藤 良建 評)

写真
      

波佐見町農業振興会鬼木棚田協議会 スポンサー賞

ONIGITANADA SPONSOR AWARD

 

白磁面取碗

杉本 孝司

千葉県佐倉市

 

一見、凛とした印象を受ける作品で、技術力の高さを感じた作品。

(工藤 良建 評)

写真
      

長崎空港ビルディング 株式会社 スポンサー賞

NABIC SPONSOR AWARD

 

composition

ウォルシュ香織

東京都中央区

 

非常にデザイン性が高く、大胆な色使いや非常にむつかしい柄を上手くまとめて表現されている。

(工藤 良建 評)

写真
      

審査員特別ユーモア賞

JUDGE'S SPECIAL HUMOR AWARD

 

くじらん ふた付き めし碗

生地 真弓

大阪府河内長野市

 

青い海を思わせる釉薬、躍動感のあるクジラ。

面白い作品です。

(工藤 良建 評)

写真
      

■入選

ストライプ飯碗 中原優子(東京都)
黒三島夫婦茶碗 武村博昭(波佐見町)
クラシック釉彩碗 樋口源一(福岡市)
ひまり飯碗 坪内孝典(茨城県)
福良雀 出口郁子(兵庫県)
Fly Me to the Moon 鈴屋杏記(奈良県)
炭化茶ワン・カップ 横山令子(神奈川県)
良き思い出の器 和田玲子(東京都)
裂 Ⅱ 川澄健司(奈良県)
くれのこり 石井康行(千葉県)
花園 古河内滋子(神奈川県)
鉄釉蕃茄茶碗 易みのり(岡山県)
小橋めぐみ(波佐見町)